在宅検診の流れ

  1. トップページ
  2. 在宅検診の流れ
  3. 自分で採取
  4. 大腸がん検診 採取方法

自分で採取

※ 各項目をクリックすると在宅検診の流れが分かります。

大腸がん検診 採取方法

採取方法1

1. ラベルに氏名等を記入

  1. キャップを回して、
  2. 引きぬく

※ 必ず、採便した日・時を記入して下さい

採取方法2

2. 表面を先端のみぞに埋まるくらいまんべんなくこすりとる

とる量

※  便は適量採ってください。

便をとりすぎると、正しい検査ができません

採取方法3

3. さし込んで、パチンと音がするまでキャップを強く押す

4. 提出用袋に2本入れすぐに提出

  • 1日目 青字ラベル
  • 2日目 赤字ラベル

※ 1回さし込んだら、ぬかないこと

※ 採便後は冷暗所で保存

注意事項

  • アルミシールは、やぶらないで下さい。
  • 1本の容器に、2日分とらないで下さい。
  • 容器の液を捨てたり、水を足したりしないで下さい。
  • なるべく新しい便を提出して下さい。
  • 生理中は、採便をしないで下さい。
  • 人体に直接使用しないで下さい。
  • 大便をとる目的以外には使用しないで下さい。
  • 保管は、子どもの手の届かない所にして下さい。

※ 必ず、説明書を読んでから採便して下さい