在宅検診の流れ

  1. トップページ
  2. 在宅検診の流れ
  3. 自分で採取
  4. B型、C型肝炎 採血のしかた

自分で採取

※ 各項目をクリックすると在宅検診の流れが分かります。

かんたんな採血のしかた


採血のポイント

  1. 採血前に手をよく温める。
  2. 採血器具は指に強く押しあててからレバーを押す。
  3. 指の上にじゅうぶんな血液がたまってから、ろ紙につける。
  4. ろ紙の裏までしみ込むようにつける。(先端から2cm程度)

注意事項

  1. 次に該当する場合は、この採血器具を使用しないで下さい。
    • 出血性の疾患で止血機能が低下している方
    • 特定の疾患の治療中で、薬剤を服用し止血機能が低下している方
    • ショックアレルギーのある方や出血した場合、血の止まりにくい方
  2. 採血器具は、分解したり使用目的以外に使わないで下さい。
  3. 採血器具は、お子様の手の届かない場所に保管して下さい。
  4. 採血器具は、1回の使い捨てです。
  5. 繰り返しの使用や複数人での共用は、感染の危険性があるため行わないでください。
  6. 使用後の採血器具の針を、スティックなどで元どおりに奥に押し込むのは危険ですので、そのまま廃棄して下さい。
  7. 採血器具使用後の処分は、分別ごみとして安全に廃棄して下さい。
  8. 採決後は、刺した部分をティッシュペーパー等で軽く押さえ、止血用バンソウコウを貼って下さい。
  9. 刺した部分が化膿した場合は、医師にご相談下さい。
① 準備、清潔に安全に採血しやすくするために

1.指先を石鹸と温水で洗った後、乾燥させ指先をよくマッサージしてください。

   

2.穿刺する部位を消毒したあと、インジケーター(白色)をねじって引き抜きます。

3.採血の前に、サンスティック-Dの紙カバーに氏名(カタカナ)と採血日を必ず記入して紙を寄せ、中のろ紙を露出させてください。  

 

イラストは2016年10月公開時のものです。

② 採血方法について

(注意)
*採血器具は安全にできています。軽く押しあてただけではあまり血が出ませんので、強く押しあてて使用してください。
*採血後は、念のためにバンソウコウを貼り、清潔にしてください。

1.指のやわらかい部分に、採血器具を強く押しあて、スプリングを押してください。(刃が飛び出して指を刺し、すぐに引っ込みます)
≪針は滅菌されています。≫

2.血液がそれほど出ない時は、手のひらから指先に向ってマッサージすると、必要量が得られやすくなります。

 

イラストは2016年10月公開時のものです。

③ 採血量について
  • 血液は、サンスティック-Dの幅全体かつ裏側まで染み通るように先端から2cm採血してください。
  • 採血量が少ないと検査できないことがありますので、ご注意ください。
  • 1検査項目に1枚のサンスティック-Dが必要です。

イラストは2016年10月公開時のものです。

④ 採血後の取り扱いについて
  • 採血後のサンスティック-Dは、ドライヤーや直射日光に当てずに室温でよく乾燥させてください。
  • 採血後は、検体を付属のビニールカバーに収納して、ご提出ください。
⑤ 乾燥してから保管しましょう!
  • 採血後のサンスティック-Dは、湿気や直射日光を避けて室温または冷暗所で保存してください。
  • 採血後のサンスティック-Dは、室温で30日間放置してもデータに変化はありません。