在宅検診の流れ

  1. トップページ
  2. 在宅検診の流れ
  3. 自分で採取
  4. 子宮けいがん・HPV検査 採取方法

自分で採取

※ 各項目をクリックすると在宅検診の流れが分かります。

子宮けいがん 採取方法


注意事項

  • 妊娠中、妊娠の可能性のある方は使用しないでください。
  • 生理期間中は避けてください。
  • 手を洗ってからご使用ください。
  • 使用前の膣洗浄、性交は避けてください。
  • 採取時にまれに出血することがあります。 出血が長引くようであれぱ医療機関にご相談ください。
  • HPV検査の検体は、採取後はなるべく早く投函してください。 翌日になる場合はなるべく低温の場所で保存してください。

1.仰臥位(あおむけに寝た姿勢)あるいはしゃがんだ姿勢をとり足を開いてスポイトを膣の中に挿入します。

2.ピストンを押してスポンジを膣の中で出します。このとき膣の奥にたまっていた分泌物がスポンジに吸収されます。
次にピストンを2~3回出し入れし、スポンジで膣内をこするようにします。
ピストンを元に戻し、スポイトを膣の中からゆっくりと取り出します。

3.スポイトを試験管の中に入れ、ピストンを5~6回上下させてスポンジに吸収された膣の分泌物を洗い出します。
キャップを試験管にもとのようにかぶせ、1分間よく振って下さい。
ラベルに、氏名、年月日等を記入し、試験管にはって下さい。

4.試験管をビニール袋に入れて、記入した依頼票と一緒に、すみやかに郵便ポストへ投函して下さい。

HPV 採取方法


注意事項

  • 手を清潔にしてからご使用ください。
  • 生理中、妊娠の可能性のある万は使用しないでください。
  • 使用前の性交、膣洗浄は避けてください。
  • 採取後の検体は長時間高温にさらされると正しい結果が得られない場合があります。車中など高温の恐れがある場所には絶対に置かないでください。
  • しっかりと膣に挿入することで、充分な検体を採取してください。
  • 採取することによる副作用はありませんが、稀に出血をすることがあります。出血が長引くようであれぱ、医療機関にご相談ください。
  • 採取は自己の貢任において実施してください。
  • HPVが陽性の方および陰性であっても気になる症状がある方は、HPV検査結果を医療機関へ提示し専門医へ相談し確定診断する事をお勧めします。
検体の採取方法

HPVセルフチェックキットに入っているもの…検体採取スティック/検体シール/取扱説明書/返却用袋/添付文書


1.採取する前に手を良く洗い、清潔な状態にします。

2.開封したら、キャップの両端(下図参照)に力を入れてキャップを外してください。パッケージは返送時に使用しますので、捨てないで下さい。

3.中腰になってスティックを図のように持ち、膣へ挿入します。ストッパーが肌にあたるまで、そっと入れてください。入れづらいときは角度を少しずつ変えて下さい。

4.ストッパーが肌にあたるまで挿入できたら、片手で持ち手部分をしっかり固定します。(注意)先端のブラシを出さずに挿入してください。

5.持ち手を固定したまま、ピンクのハンドルをゆっくりと押し込みます。この時「カチッ」という手ごたえが感じられるところまで押して下さい。

6.ピンクのハンドルをまわして、検体(粘液)を採取します。1回まわすごとに「カチッ」という手ごたえがあるので、5回まわした後、ステックを丁寧に引き抜いて下さい。

7.持ち手部分を持ち、白いブラシが本体に収まるまでハンドルを引きます。この時、白いブラシ部分には触れないように注意しましょう。

8.キャップを本体先端にかぶせ、「カチッ」と音がするまではめ込みます。

次は検体シールを張りましょう

検体シールの張り方

検査機関では、検体シールに基づいてあなたの検体(粘液)検査を行います。記入漏れがないよう検体シールを張っていきましょう。


9.検体シールに(1)カタカナでフルネーム (2)年齢 (3)ID(指定されている場合) (4)採取日を記入します。シールを以下の場所に貼り付けてください。

10.取っておいた外パッケージにスティックを「カチッ」とはめ込んで下さい。

11.氏名(カタカナ)と採取日を記入した返却用袋に、スティックの入ったパッケージを入れ封をします。

動画で使用方法を閲覧